読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐれーとふる365

17文字の日常や子供との読書記録など(和書洋書)

Five go to smuggler's top /The famous five

シリーズ4作目。前作が今まで読んだ中で一番面白いと思ったけど、今回も負けずスリリングな展開で良いです。事件のトリック自体は安易で浅く子供騙しですが、前作同様、醍醐味は子供達をハラハラさせる事件までの導入部分じゃないでしょうか。 子供達は、愛…

The boy in the dress

父親と兄と暮らす12歳のDennis。7歳の時に両親が離婚、母にまつわる思い出のものは一枚の写真のみ。写真の母が着ているのと似たドレスの表紙を見つけ思わずファッション誌Vougueを購入したDennisは、初めて手に取る女性誌から女装への興味が芽生える。学…

あまりにも 強いsushi飯 飲み込めず

帰りが遅くなり出来合いのものを何か買おうと立ち寄ったM&Sで、なんとなくsushiを初購入。夫が「。。。。。石みたいだな、これ」というのを、なんとまた大げさなー、とつまんでみたら、鬼のように強い米に思わず吐き出した。美味しかろうなど誰も思っていな…

Five run away together

Famous five 3作目。友達が皆このシリーズ本を読んでいるので、遅れをとってはならぬと集中して読んでいる娘。私はAudiobookで流し聞き。今までシリーズ5冊読んだけど、その中でも1巻と並んで特に面白い作品と思う。 キランコテージでホリデーを過ごす予…

テニス前 犬のう○ちを パトロール

公園内の3面コート。テニス始める前に犬の落し物がないかまず一周。 このところ天気が良くなり、テニスをする人が増えてきて、犬の飼い主もさすがに気がひけると見えて、糞害は減っているかのように見えていたけど、ここ2日連続堂々とコート内に立派なブツ…

Five on a hike together

Famous Five シリーズ10作目。キャンプに出かけたムーアで思いがけない事件に巻き込まれる4人と1匹。シリーズ中最も人気のある作品の一つというだけあって、暗号を解読し泥棒が川の中に隠れされた宝石類を見つける下りは緊張感がある。 前回は男女区別の…

Five go adventuring again

Famous five シリーズ2巻目。 舞台はクリスマスホリデーのキリンコテージ。キリンファームで見つけた秘密の暗号らしきものを見つけて興奮する4人だが、家庭教師とソリの合わぬジョージはトラブル続を起こしてばかり。そこにジョージの父親の研究資料が盗ま…

Five on a Treasure Island

Famous five シリーズを購入。第一巻。 難破船から見つけた古い地図を元にKirrin Islandの城の地下牢に隠された金の延べ棒( ingots)を発見する冒険物語。Kirrin Islandは、Enidがよく訪れていたドーセットのパーベット島のCorfe Castleがモデルと言われて…

The naughtiest girl wants to win

The naughtiest girlシリーズ。有名な子役スターが学校に転入生としてやってきて、学園は大騒ぎ。その中で繰り広げられる新しい生徒会長選が始まる。ラクロスかテニスの試合に勝ちたいのかと思っていたら、選挙に勝ちたかったのか選挙っていうのは、まだ子供…

David Walliams

朝ごはんを食べながらテレビを見ていた子供が、「あ、David Walliamsだ。」と言った。誰それ、と思って目をやると、テレビに映っているのは、リトルブリテンのコメディアンの背の高い方の人。え、なんで子供がこのコメディアンを知ってるの?と思ったら、彼…

Well done, the naughtiest girl

The naughtiest girl シリーズ。全107頁と少なめのボリューム。 卒業コンサートでピアノ演奏できるチャンスをめぐりピアノバトルするエリザベス。エリザベスが弾く曲は、Greensleeves。娘、電子ピアノに内蔵されている曲だと発見。イギリスの民謡らしい。負…

Five go off to camp

お友達の影響で。 娘の友達の一人がこのシリーズを愛読しているらしく、そのキャラクターを友達に割り当てて、学校でごっこ遊びをしているらしい。知らないままに遊んでいた娘だが、どんな話なのか気になるというので、とりあえず図書館で1巻を見つけたので…

音楽の合間のアイスいと旨し

ラヴェルを聞きに。アイス食べたいからまた行きたい、と我が子。えらく高いアイスだな笑 でもまた来よう。のだめカンタビーレの影響でラヴェルを聞きにきたけど、それよりハンガリアンラプソディがとてもよかった。次はなにを聞きに行こうかな。 リスト:交響…

子が友と青いドレスで駆け回る

ワールドブックデー。今年のお題はイギリスで一番愛されている児童文学作家Roald Dahlのキャラクターだったので、唯一知っているMatildaに。Matilda読まない子供はいないんじゃないかというくらい大定番、知ってて当たり前の一冊。子供も数ヶ月前に一度読み…

World book day

明日はWorld book day。 子供達は学校に本のキャラクターの扮装をして行かなければならない。と言っても、実際には、スパイダーマンやディズニープリンセスでドレスアップした子供達が集まるので、私の中ではコスプレの日と認識している。 今年は子供の学校…

The naughtiest girl again

シリーズ1巻目が面白かったらしく続けてあっという間に読了。 すっかり学校が好きになり、良い生徒でいると心に決め、ピアノ、ガーデニング、スポーツ。。。と楽しいこといっぱいで充実した生活を送っているエリザベス。2人の癖のある新入生が加わって学校…

蕾からうすくむらさきこぼれてる

裏の木蓮、開花まもなくだなあ。

The naughtiest girl in school

児童書はタイトルにnaughtyがつくだけで子供の興味をそそるね。 11歳の裕福な家庭の女の子が全寮制の学校に送られてトラブルを引き起こす話。 5歳のnaughty girl(My little naughty little sister)は子供にとっては身近だけど、11歳のnaughty girlは、…

子の真似し、ウィンクするの 上手くなる

可愛い女の子や茶目っ気たっぷりに、素敵な先輩が意味ありげに片目を瞑る。 子供の頃から漫画やアニメの中でウィンクする場面はよく目にし、それが魅力的に映ったものだ。子供の頃、女の子の間で漫画イラストを描くのが流行っていて、私もウィンクしている女…

My naughty little sister

子供のおすすめ読書リストに必ず入ってる"My naughty little sister"のシリーズ本。 対象年齢7歳。 内容的にはちょっと物足りないかなと思ったけど、とても平易な文章で章ごとにお話が完結、5歳くらいの子供の話なのででてくる単語も知ってるものばかりで…

ギャルソンの 仕事する様 惚れ惚れす

パリに来てます。 食事に入ったお店のギャルソンが渋くてとても素敵でした。 普段食べれない生牡蠣でも食べたいなーと思いながら、店先のメニューをのぞいているとボンジューと姿を見せた。「牡蠣はありますか。」と聞くと、「ありません。牡蠣なら向こうの…

The cat in the hat

お友達のお母さんから子供の5歳の誕生日にいただいた絵本。正直、表紙のイラストが私には猫に見えず。。。。」どっちかというと、チンパンジー?でもおサルのジョージほど、可愛くない。絵本にしては、結構字が多く、なんとなく手が伸びず、ずっと本棚に入…

The Gruffalo

ライミング絵本に先日 Dr Seussの本を挙げたけど、イギリスでライミングといえば、Julia Donaldsonの "The Gruffalo"が真っ先に思いつきます。この本を置いていない書店や図書館はないんじゃないかな。映画にもなっています。学校のホリデー期間になると、 G…

ぼくのクジラ

先日ニュージーランドで400頭以上のクジラが浜辺に打ち上げられたことがニュースで伝えられました。必死の救出作戦の様子がテレビの画面に映し出され、子供が「シャチだ!」と釘付けに。うちの子供は海洋生物、中でもシャチが大好き。背中に走った白のラ…

Dick Whittington

Dick Whittingtonのパントマイムを観た。パントマイム(笑い要素が盛りだくさんの子供向けのお芝居)の演目に選ばれるのは、シンデレラ、アラジン、ピーターパンなど誰もが知ってるおとぎ話が多い。Dick Whittingtonってなに?と思ってたら、イギリスでは誰…

人乗せて気づいた車汚すぎ(汗)

子供のクラスメートの誕生日パーティーに行った。きた時はいい天気だったのだが、玄関を出ると一転、風が出て霧のような雨が降っていた。ふと、子供が仲良くしている友達とそのお父さんが歩いてパーティーから帰る姿が目にはいった。朝晴れだったからか、油…

図書館よ 紛失ちゃらって それいいの?!

ーマ:ブログ 図書館で子供が借りた本が1冊見つからない。あってはならないことで、この狭い家でなくなるはずがない。でも心当たりはくまなく探したがでて来ない。実は既に返却して担当者の入力ミスかな。返却が1日遅延して延滞料金を支払ったのだが、それ…

Not now, Bernard

子供と一緒に読んだ本の備忘録にブログ始めて見ます。この絵本、正直ひどい絵なんですけど、すごくいいです。子供より、大人向けの絵本かも?親として、つまされるものがあります。昔、友達が引用してた印象的な子育て心得四訓、 ー乳児はしっかり肌を離すな…