読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐれーとふる365

17文字の日常や子供との読書記録など(和書洋書)

図書館よ 紛失ちゃらって それいいの?!

ごしちごな日常

 

ーマ:
図書館で子供が借りた本が1冊見つからない。あってはならないことで、この狭い家でなくなるはずがない。でも心当たりはくまなく探したがでて来ない。実は既に返却して担当者の入力ミスかな。返却が1日遅延して延滞料金を支払ったのだが、それが処理されず未払いで残ってたのはつい先日のこと。いやでも、やはりこの本は返した記憶がない。。。狐につままれたような気分だけど、延滞を重ねるわけにも行かないので、図書館に謝罪して、罰金か、それとも同じ本を購入して持ち込んだら良いのかを訊ねた。すると、受付の人は、カチカチコンピューター処理した後、「いいわよ。」と言った。「え?」貸出記録は消したから、もういいという。予期せぬ答えに、思わずちょっとパニックになった。「でも、それは。。。。同じ本持ってきます。」でも、受付の人は、本当にいいから!と片目をつぶった。
 
「すいません。。。。もう一度よく探しますから。。。」としか言えず、申し訳ないのと、恥ずかしさでいっぱいだった。私は子供の頃から図書館が好きで、お世話になっている。図書館の、公共の財産を、不注意で失い、他の子供たちがその本を読む機会が失われたことに、なんとも言えない気持ちになった。
 
図書館は市内に大小いくつかある。オンライン検索で、借りたい本を探すと、1年以上前に返却予定が過ぎていたり、書庫にあり、となっているものの見つからないということが頻繁にあり、管理できていないなといつも思っていた。でも、子供の借りていた本も、書庫あり、になっていて、探すも見つからない、という状態になっているのかもしれない。。。そう思うと、もう恥ずかしくてたまらなくなった。その後も捜索は続けていて、ついに先日、子供がソファーの下に本が落ちているのを発見した。そこも見たはずだけど、隙間に挟まっていたのがその後下に落ちたのか、見つかった時は、へなへなと力が抜けた。バレンタインだったので、クッキーを添えて図書館に返しに行った。
 
図書館は紛失本の処理、管理をどうしているのかわからない。子供が借りた本は延滞料金も発生しない。とても寛容だ。でも寛容すぎるから、こんなにも紛失が多く、粗雑に扱われて本が傷んでいるのではと思う。自戒もこめつつ、図書館はもっと厳しい対応で臨んでくれてもいいのではと思う。
 

紛失したと騒いだ本はこれ。探検や冒険が好きなお子さんに。

 

Oliver and the Seawigs

Oliver and the Seawigs