読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐれーとふる365 

子供の読書成長記録(洋書和書)多読というらしいですが、語数はカウントしてません。

Seven little mice go to the beach 日本の絵本を英語で読む

 

Seven Little Mice Go To The Beach

Seven Little Mice Go To The Beach

 

 ⭐️

 

こどもの大好きな7つごネズミシリーズ「ねずみのかいすいよく」の英語版。

本とのふれあいを目的にしたこどものプレイセンターがあって時々遊びに行くのだけど、帰り際に好きな本を1冊選んで持ち帰らせてくれます。そこで、うちの子は自分の持っているのと同じ表紙の絵本を見つけて大興奮。

 

時々、本を選ぶときに、日本語で読んだことのある作品の英語版の方がなじみやすいし、内容がわかっているから理解度があがり勉強になる、という意見を聞いたことがあるけど、この絵本に関しては当てはまらないと思う。1ページ目を開いただけで、もうがっかりしてしまった。

シリーズの冒頭文、「これは、ふたごよりも、みつごよりも、5つごよりももっとおおい、7つごのねずみのおはなしです。」これだけで、ワクワクするけど、一方英語版は、

"There are seven little mice in the mouse family."

なんとも味気ない。

あくまで個人的な意見だけど、大好きな絵本なのに、この絵本の良さが英語版ではまるでつたわってこない。とても残念。ご存知の通り、絵本だから、とてもやさしい文章。でも、筋だけ追えばいいってものじゃないよね。翻訳次第で、もっと魅力的に仕上がると思う。翻訳家の力量というのは大きいものだな、印象を変える力があるのだなと思った。

オリジナルの持ち味を損なわず、それどころか超訳で一層魅力を増す本もあるだろう。そんな本に出会えたら素晴らしい。でも、基本、日本語の絵本は日本語で、英語の絵本は英語で、それぞれオリジナルで楽しむのが良いなと思った次第。

 

なお、日本語版は大好きです。 

ねずみのかいすいよく (7つごねずみシリーズ)

ねずみのかいすいよく (7つごねずみシリーズ)