ぐれーとふる365 

子供の読書成長記録(洋書和書)多読というらしいですが、語数はカウントしてません。

Esio trot

 

Esio Trot

Esio Trot

  • 作者: Roald Dahl,Quentin Blake
  • 出版社/メーカー: Puffin Books
  • 発売日: 2009/01/22
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
  • Age Range: 8 - 12 years
  • Paperback: 96 pages

⭐️

短編小説。

タイトルはtortoiseをひっくり返したもの。

カメを可愛がっている女性に恋した男性がこの魔法のおまじないでカメを大きくしたり小さくしたり。でも本当はペットショップで大小様々なカメを購入し交換しまくっていると言うカラクリ。うちの子はとても融通が利かないので、男性が勝手にカメをすり替え嘘をついているのが好きではないらしい。この少しずつおおきくなるっていうのはThe Twitsのいたずらにもでてきたな。

日本語のサービスよりもまず仕事

子供の学校の学習テーマがエジプトなので、予習がてらブリティッシュミュージアムに行ってきました。子供がお腹すいたというので、入館前に近くにあるパブでなにか食べさせることに。お店に入るなり、どこから来ましたか、と聞かれた。なにかいなとおもっていたら、アジア系のウェイトレスが「こんにちはー。」と日本語のメニューをテーブルに持ってきてくれた。さすが世界的観光地、おもてなしサービスだったのね。

でも。日本語のメニュー、字が小さくて、老眼が始まったっぽい私の目にはよく見えないわ(涙)そして、ここはパブ。名前の知らないお料理が並ぶフレンチレストランではなく、イギリスでおなじみのごくあたりまえのメニューが並ぶ、ただのパブなのである。それをカタカナに直したのを探すのは案外面倒いものなのだ、とこのとき気づいた。英語は日本語の下に書かれてた。

日本人といったら日本人のウェイトレスがでてきたのかと思ったが、もちろんそうではなく、片言の日本語は披露できても日本語ができるわけではない。その日本語のメニューの横に番号がふられていて、その番号により言葉がわからなくてもオーダーをとれるというわけ。だから、私たちが英語でオーダーしても、何番?と番号を逐一確認をしているようだった。

 

そうしてやってきた注文は間違っていた。エビっていったよね?っていうと、え、何番だっけ。。。と慌てて番号を確認するウェイトレス。書き写した番号が間違ってたのか、番号はあってたけど、まちがったのか、わたしたちにはわからなかった。彼女はわたしたちがふつうのサイズでといったから間違った(いや、聞かれたのだよあなたに)、わたしたちの注文料理には普通サイズしかもともとないから、大きいサイズのあるその間違ったメニューと思った、と言い訳をしていたが、番号ばかり追わずに、英語のメニューで、普通にオーダーとっていたら間違いようがない間違いだったとおもう。子供に頼んだオレンジジュースも、同じ飲料会社のブランドメーカーの違う味であった。

謝って作り直す、といってくれたけど、時間もないことだし、間違いならもうそれでいいです、と間違ったメニューをいただいた。今度から、日本語のメニューをだしてもらっても英語メニューをお願いしようと思った次第。(英語圏限定+日本料理ではもちろん日本語メニューでしょう)付加サービスもいいけど、オーダーをきっちりとるという本来のお仕事にもっと注意を払っていただきたい。

 

ウェイトレスはその後もにこやかに自分の知ってる日本語、こんにちは、ありがとう、など言って子供に愛想をふってくれた。英語の質問にはぶっきらぼうながらもこたえていたが、片言日本語にはリアクションゼロ、ガン無視(汗)

これうちの子の悪い癖でよくあること。感じ悪いでしょ!といつも注意するのだけど、うちの子は日本以外の国で、日本人でない人に日本語で話しかけられるシチュエーションを想像することができないため、話しかけられても、片言だと、「片言の日本語」ではなく「よくわからない英語」だとまず思うらしい。何言ってるかわからないから答えようがない、んだと。それでも、笑顔くらいみせてくれ(汗)以前、親子留学中の同い年の男の子とプレイデートをしたことがあった。その家庭は英語教育に熱心で、家庭でも英語のみを奨励しているとのことで、男の子は英語で娘に話しかけてくる。それを娘は本当に困った顔をして「あの子なにいってるか全然わからない。なんで日本語話さないのか」と訴えてきたことがあった。たしかに、幼稚園で覚えたことばをただ口でならべてるだけのようであった。彼は英語環境を楽しんでいたのだと思う。一方娘は昔みたいにただおもちゃで遊ぶだけでなくコミュニケーションのうえに小友立ちとの遊びが成り立つようになっていたので、意味不明なことばを一方的に羅列して、娘のよびかけには答えられないその男のは「変な子」に映ったらしい。当時は5歳の子供の正直な感想に困ってしまったのだが、我が子の想像力の無さに戸惑ってしまう。

 

娘よ、君の母こそ、そのわからない英語を話すひと、とぞんざいな扱いをたくさん受けてきているのだよ。苦い思いをたくさんしているのだよ。そんな母のことばに忍耐強く耳を傾けてくれる親切な人たちによってすくわれているのだよ。わからない、ではなく、わかろうとすること。きこうとすること。その先に見えるものがあるのだよ。分かり合おうとする気持ちの先にうまれるものがあるんだよ。ことばは、見え方は、一つである必要はないのだよ。ひとまず、笑顔からお願いします。

The world's worst children

 

The World's Worst Children

The World's Worst Children

 

 

  • Paperback: 272 pages
  • Age Range: 7 - 12 years
  • ⭐️⭐️⭐️⭐️ 

おもしろいです。

鼻くそをほじってばかりいる子、嘘泣きする子、テレビばかり見ている子。。。いろんな”最悪な子供達”のお話。David Walliamsの作品は何冊か読んだけど、現代社会に対する笑いや皮肉が多く含まれているので、面白いけど7歳には早い、まだ読まなくていいと感じていた。でも、この作品は世間一般で言うところの子供達の感心しない態度に焦点を当て、教訓めいた笑いとなっているので安心して読ませられる。関連語もかなり覚えれます。

 

個人的に面白かったのは、シラミだらけの男の子の話”nit boy"。実はつい先日、我が家にシラミ騒動が勃発して駆除体験をしたところなので、最悪ぶりがとても身近に感じれた。シラミのペットだなんて!!!!今回我が家のシラミ騒動の発端は娘のクラスメートの親から届いたシラミ発見メール。シラミのお知らせは学校からしょっちゅう届くのだけど、この時代にシラミ?といつも半信半疑、あまり気にしていなかった。こちらでは洗髪を週1しかしない子供も少なくないので、そう言う子に起こることだと思っていて、洗髪を欠かさないうちのこには無縁と思っていた(無知)。でも今回は娘の隣の席の子だと判明しているので、流石に気になりその夜念入りに調べた私。その時は気づかなかったのだけど、3週間後、娘が頭が痒いと言い出した。調べて見たら、シラミを発見。そこから、シラミ退治に大わらわ。薬で駆除作業を行なった。それから、娘がちょっとでも頭をかくと、シラミが残っているのか、痕跡がないか、と髪をかき分けチェック。毎朝、予防スプレーをし、専用の櫛で梳かし目を光らせ、とても神経質になっている。シラミがやってきて初めて気づいたのだけど、なんとシラミ対策グッズの多いこと。tee tree oil入りのシャンプーやスプレーが効き目あると言われてる一方、効果がないと言う意見も。とりあえず、毎日のコームが一番いいのではないか。シラミ=liceと思ってたけど、このタイトル通り、商品名にはnitが使われているのが圧倒的に多く、初めて知った。

 シラミの出てくる絵本、そういえば昔から見かけてました。子供の絵本に登場するほど、シラミは当たり前にいることを体感痛感。

【国内正規品】ニットピッカーフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

【国内正規品】ニットピッカーフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

 

 

The naughtiest girl helps a friend

 

The Naughtiest Girl: Naughtiest Girl Helps A Friend: Book 6

The Naughtiest Girl: Naughtiest Girl Helps A Friend: Book 6

 

 

⭐️ ⭐️ ⭐️ ⭐️ 

 

ハーフタームに実家に帰省しない生徒たちは学校内でキャンプをすることに。エリザベスは親友ジョーンがリーダーのテントに入れて大喜び。でもトラブルメーカーの同級生と新入りで学校にまだ馴染めていない下級生がいっしょ。予想した以上のトラブルがつぎつぎ起こることに。

 

娘の学校には上級生が新入生の面倒を見るバディー制度がある。うちは一人っ子だし、こういうのは良いことだなと歓迎していたのだけど、年上ぶって喜んでいるのは最初だけで、大抵みんな面倒を見ていないっぽい。娘のバディーは人懐っこい子で、娘にずいぶんなついて追いかけてくるらしく、仕方なく遊んでいるみたいだけど、疎ましがっているのがありありとわかる。このシリーズの学校では、年上が年下の相手を見るのは当たり前、そう言うところ、気づいたらいいんだけど。

 

ところで、これリライトバージョンだったのね。知らなかったな。

 

 

Charlie and the chocolate factory

Charlie and the Chocolate Factory

Charlie and the Chocolate Factory

 
  • Paperback: 208 pages
  • Age Range: 7 - 11 years

   🌟🌟🌟🌟🌟

この作品の名前を知らない人はいないのではと思われるDahlの1、2を争う代表作。映画の印象があって面白くないと思い込んでいたけど、読んでみてみんなに愛される作品であることに納得。チョコレート消費量ランキング上位のこの国で(一位はドイツなのだね)、タイトルがまず魅力的。そしていろんな面白いお菓子が登場して、子供達にはたまらないでしょう。食べたら空に浮かんでくキャンデー(ゲップしないと降りれない)とか、私でも食べたい。うちの子はキャンデーもチョコも好きじゃないけど、それでも今まで読んだDahl本で一番面白かったらしい。個人的には名前だけは知ってたウンパルンパが何者かわかってスッキリ。

 

チャーリー以外は、わかりやすい『よろしくない子供たち』が4人登場して戒め的なストーリーだけど、その中にガムを四六時中噛んでる女の子が登場する。これって、ガム好まれる国、アメリカへの皮肉?実際、どのくらいガムが消費されてるか知らないのでただの想像ですが。日本でもガムは人気だけど、イギリスではあまり浸透していない気がする。チューイーなお菓子はたくさんあるけど、でも消えもの。この国はどこも道はゴミだらけ唾吐き放題で恐ろしく汚い。日頃からイギリス国民のモラルを疑っているが、ガムがあまり売られていないせいか、ガムを踏む、と言うなんともあのなんとも言えない嫌な体験はあまりないように思う。(代わりにう○こを踏むけど。。。)

 

 毎年テレビで放映される映画。。。一度最後まで頑張って観てみようかな。

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

 

 

 

 

The enormous crocodile

 

The Enormous Crocodile

The Enormous Crocodile

 

 Paperback: 64 pages

Age Range: 5 - 7 years

⭐️⭐️⭐️⭐️

I'm going to fill my hungry empty tummy with something yummy yummy yummy yummy.

 

Roald Dahl作品の中では、かなり短く内容もおなじみの動物がたくさん出てきて幼児向け。私は面白いしよくできたお話と思うんだけど、娘は最後ワニがやっつけられる(宇宙まで投げ飛ばされて太陽にぶつかってジュッ。。。)から好きじゃ無いらしい。大抵の子は人間の子供を食べようとするワニがやっつけられて喜ぶと思うんだけどね。。。。この本の中で出てくる動物の中では、一番強いプレデターのワニが一番好きなのだ。そのワニがやっつけられるのはかわいそうだという。この人は海ならシャチ、空なら白頭鷲、陸なら虎、と。。。ととにかくフードチェーンのトップのプレデターが好き。ワニが子供を食べるのも自然の摂理なのだそう(驚)

今日なぜか突然四字熟語かるたを持ち出してきて(四字熟語の知識はゼロ)、一緒にやったんだけど、これが一番好き、と選んだのはいうまでもなく「弱肉強食」。

。。。。娘よ、強くなってください。

 

The naughtiest girl keep a secret

 

The Naughtiest Girl: Naughtiest Girl Keeps A Secret: Book 5

The Naughtiest Girl: Naughtiest Girl Keeps A Secret: Book 5

 
  • Paperback: 160 pages
  • Age Range: 6 - 11 years
  • 🌟🌟

Elizabeth intends to put her naughtiest girl days behind her and behave in a way Whyteleafe school will be proud of. But when john entrusts her with his secret, the naugtiest girl finds herself in deeper trouble than ever...

 

娘のお気に入りのシリーズなんだけど、この回はイマイチだったらしい。ガーデニングとかレタス品評会とか、そりゃ興味無いよね。秘密もさほど大したことと思えないし。レタスにつくナメクジが嫌、という感想だけっぽい。