ぐれーとふる365 

子供の読書成長記録(洋書和書)多読というらしいですが、語数はカウントしてません。

The story of the treasure seekers

子供の頃大好きだった1冊をオリジナルで読んで見た。 

The Story of the Treasure Seekers: Complete and Unabridged (Puffin Classics)

The Story of the Treasure Seekers: Complete and Unabridged (Puffin Classics)

 

 

続きを読む

Percy Jackson & the Olympians The lighting thief

 

 娘が今まで読んだ本の中ではハリーポッターに次いで面白いらしい。

Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief - Book One

Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief - Book One

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

パーシージャクソンは退学を繰り返す問題があるものの、ありふれた普通の高校生。ところが校外学習での事件を出来事に、自分に神の血が流れていることを知る。これをきっかけに思いもよらぬ冒険に巻き込まれていくパーシー。大神ゼウスの稲妻を盗んだ疑いをかけられ、その疑いを晴らすべく真犯人を探す旅が始まる。

続きを読む

The lion, the witch and the wardrobe

 春休みに入ったので読書量が加速。

The Lion, the Witch and the Wardrobe (The Chronicles of Narnia)

The Lion, the Witch and the Wardrobe (The Chronicles of Narnia)

 
  • Age Range: 7 years and up

 

ナルニア国物語。読むべき本リストは絶対登場する避けて通れない本。いずれ学校の課題で読むことになるから、今読まなくてもいいかなと思っていたのだけど、先日プールの待ち時間に顔見知りの年上の女の子が読んでいるのを見かけて読みたくなったらしい。最近割とボリュームのある本を読み慣れているので、あっという間に読めてしまう。文章は簡易で物足りないかなと思ったけど、面白いらしい。そんなものなのかな。

 

ナルニア国物語は全7巻。出版された作品順とナルニア国の年代が異なるため、どういう順番で読むか迷う人が多いよう。作者は年代順に読むのが良い、と言ったという話があるそうで、それだとThe lion, the witch and the wardrobeは2番目にくることになる。そこで、年代順に言うと次に来る The horse and his boy を読み始めたのだけど、どうにもとっつきにくく薄い本なのに半分くらいで挫折。だから、子供には出版順に読むことを勧めるつもり。ちなみに、年代順一番はじめのThe magician's nephewも2章までしか読めなかった。だから、子供にもとりあえずこの本読めば、全巻読むことを強いるつもりは毛頭なし。映画を見てるので、原作に相当する巻は読めれたら文句なし。さて、どこまで読めるかな。

 

ドラゴンが出てくる本あれこれ

ハリーポッター読了後、Roald Dahlの未読のものを読んだりしてたけど、ついに読む本がなくなってしまい、目をつけたのがドラゴンが出てくる作品。 今読んでいるのはこれ。

The Dragons of Ordinary Farm

The Dragons of Ordinary Farm

  • 作者: Tad Williams,Deborah Beale,Greg Swearingen
  • 出版社/メーカー: Harpercollins Childrens Books
  • 発売日: 2018/04/30
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 
  • Paperback: 416 pages
  • Age Range: 6 - 11 years
  • 「The dragon of ordinary farm」を。それまで聞いたことすらなかった叔父の牧場で夏休みを過ごすことになったTylerと Lucinda退屈な夏休みになると覚悟してやってきた2人だが、想像していた牧場と大違い。牛小屋にいたのは、巨大なドラゴンだった。牧草地にはユニコーンの群れ、鶏小屋にはグリフィン、ほか不思議な生き物がたくさんいる場所だった。。

     

  • 続きを読む

きっかけはアニメから

 テレビはあまり見ないけど、見るときは親子で一緒に見る派。下手に本読むより勉強になるしじゃないかと思う。ノンフィクションと謳って誤ったこと広めてる本もあることだし。今更だけど、宇宙兄弟を視聴中で、娘ハマり中。

 

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

 
続きを読む

ぬいぐるみどこで買えるかそれが謎

娘の仲良しグループは1ー3月生まれなので、このタームは誕生日プレゼント準備がミッションに加わるのだけど、それも無事終了。今回はぬいぐるみ。

 

プレゼント選びは面倒。。。

続きを読む

宝さがしの子どもたち

 

先日お友達の誕生日パーティーで、お母さんが用意してくれた手作りの宝探しを楽しんだ子供。鏡文字やちょっとした暗号で隠されたお菓子(偽の本の中に隠されていた)、なかなか子供達には受けがよかったみたい。「昔お母さんもよくやってくれたでしょう、またやって。」とせがまれた。子供が小さい時にやった手紙遊びのことを指している。私が子供の頃、絵本「きょうはなんのひ?」を読んで、この中の手紙遊びが強烈に印象に残って、よく真似っこをして遊んでいた。(ちなみに、この絵本で「結婚記念日」なるものの存在を知りました。)それを子供が小さい頃にやってやると、喜んで子供も自分でゲームを作っていた時期があった。子供が作るゲームは途中でがちゃんこになっていて、最後の手紙にたどり着けないのが常だったけど。大好きな1冊。

  

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

「宝探し」の言葉で、ポンと、子供の頃大好きだった本を思い出した。

宝さがしの子どもたち (福音館古典童話シリーズ)

宝さがしの子どもたち (福音館古典童話シリーズ)

 

 

父親が破産して貧乏になってしまったバスタブル家の6人の子どもたちがあの手この手でお金を稼ごうとするお話。大好きで繰り返し繰り返しなんども読んだ。具体的な宝探しのやり方はあまり覚えてないのだけど、魔法の杖はとても印象的で、床の下からコインが出てきたときはワクワクした。もう一度読み返したいなあと思ったら、イギリスの児童文学ではないか。英語版を探してみることにします。

The Story of the Treasure Seekers: Complete and Unabridged (Puffin Classics)

The Story of the Treasure Seekers: Complete and Unabridged (Puffin Classics)