読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐれーとふる365

17文字の日常や子供との読書記録など(和書洋書)

My naughty little sister

児童書 洋書

子供のおすすめ読書リストに必ず入ってる"My naughty little sister"のシリーズ本。

対象年齢7歳。
内容的にはちょっと物足りないかなと思ったけど、とても平易な文章で章ごとにお話が完結、5歳くらいの子供の話なのででてくる単語も知ってるものばかりで、楽しめた様子。何より本を一冊一人で読み切った、という達成感もかなり大きかったみたいで、1冊読んでから、次々とシリーズ本を読破。一年生の子供がきちんと理解して読むににちょうどいいのはこの辺りなのかも。1950年代に書かれた話なので、掃除や洗濯のシーンは馴染みにくいところもあります。例えば、掃除機が家にやって来る話など。。。。今掃除機のない家なんて、考えられないよね、ましてやルンバが活躍する時代です。でも、子供は気にならないみたいで、実際この掃除機の話はお気に入りの一つ。子供のいる風景がとても当たり前に描かれていて、小さい子供が家族のみならず地域の皆に可愛がられてる様子があちこちに見て取れる。子供というのは愛されるべき存在なんやなーとしみじみ思う。(気難しい大人もたまにでてくるけど)When my naughty little sister was good はまさにそんな感じで、本当にこの辺は子供好きな人多いものな〜と既視感を覚える場面多々あり。Naughty が繰り替え出てくるけど、正直そんな大したいたずらじゃないような。面白い、というより、愛らしい本。挿絵がとても素敵。 いつまでも時代を超えて読み継がれてるのも納得。絵本から本への移行にオススメの1冊。